2012年01月24日

犬山ホテルで商品撮影をしました☆

inuyama1.jpg

昨日の雪もなんのその。
とってもいいお天気の中、犬山ホテルで念願の2人撮影をしてきました。
ロンドンのmiss patina のお洋服は姉妹っぽく着るとかわいいなーと思っていたので、またお友達にモデルをお願いして撮影してみました。

いかがでしょうか??姉妹っぽいですか?笑


inuyama2.jpg

お友達は私より背が小さいので S/Mサイズ。
私は161cmでM/Lを着ています☆
お友達はブルーの花柄が気に入ってくれたみたい☆
オールドイングランドな感じで、私も大好きな1枚です。
私は意外にラブリーすぎるかと思った、白いレースのドットワンピースが気に入りました☆胸のあき具合が大人っぽいんですよー。

inuyama3.jpg

姉妹というと思い浮かぶのは、ヴァージンスーサイズですね。
いつか5人ぐらいでワンピース着ながら芝生とかで撮影したいと思います。
あと、なんか姉妹風に写真を撮ると、そこにドラマ性がうまれませんか?
そこからお話が始まるような。
ということで、姉妹シリーズ、これからも続けていこうと思います☆

inuyama4.jpg
posted by sawori at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店長日記

2012年01月23日

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 「みーくんのパーカー、まーちゃんのワンピース」

usotuki1-1.jpg

これ、入間人間(いるまひとま)という作家のライトノベルが原作。

学校では人を寄せ付けない、女子高生まーちゃん。
そこへ幼なじみらしき、みーくんと名乗る男の子が現れます。
まーちゃんはみーくんを以前から知っていて、会えてとっても嬉しそうです。
一人暮らしのまーちゃんとみーくんは一緒に生活し始めることになるのですが、そこには行方不明になっていた小学生の兄弟が拉致されていました。
まーちゃんがなぜそんなことをしているのか、みーくんはなぜ嘘つきなのか、想像を絶する二人の過去が徐々にわかってくるのです・・。

usotsuki1.jpg
内容が凄惨すぎますので見るのはちょっとした覚悟が必要かも・・・。

でも凄惨なシーンは凍りつきそうなんですが、みーくんのまーちゃんに対する宇宙規模の愛。それがその凄惨さに勝り、なんかラストはハートウォーミングで不思議です。

みーくん役の染谷将太くん、出ました。超天才だと思うこの人。19歳にしてもう40代くらいのオーラが出てます。彼は超映画マニアでカメラが趣味。素の彼もとっても私好みのオーラな男子です。要チェックです。まーちゃんの大政絢も可愛すぎました。鈴木京香と田畑智子もナイスキャスティングでした。
みーくんはいつもTシャツにチャンピオンのグレーパーカー。まーちゃんはポップな色合いのワンピースやチュニック。コットンの肌ざわりが良さそうな服。
マネしたいものばかり。

作品中、ずーっと
「ぼくはまーちゃんを世界で一番あいしてる」
「命をかけて守りたい」
とか超ストレートな甘いセリフを無表情で語るんですが、二人の過去を知るとそのセリフがどんどん深みを帯びてきて、みーくんの愛が海のように深いので、わたしも、どぶーんて漬かりたくなっちゃいます。

日本版猟奇的な彼女はあまりにも重く悲しいですが、さすが日本と褒めたくなる作品でした。

usotuki2.jpg
posted by sawori at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2012年01月20日

ブリジットジョーンズの日記「ブリジット30女子ファッション」

brijit1-1.jpg

久しぶりに見たブリジットジョーンズ。やっぱり面白い。続編はイマイチでしたけど。

30代ちょっと太り気味の独身ブリジットはワイルドでセクシーなプレイボーイ上司ダニエルと恋に落ちますが、軽い関係に疑問を抱いていました。そこへ、初めは退屈な男だと思っていた幼なじみの敏腕弁護士マークが現れブリジットの心も揺れ動きます。果たして彼女はどっちの男を選ぶのか!

レニーゼルウィガーが役のために太り、崖っぷち女性を演じきってて、そこが気持ちよく、愛に溢れる映画です。

ブリジットのファッションは映画のキーワードともなっている、まさに「ミニスカート」でしょう! ミニスカートにグレーやピンクの優しい色合いのニットを着て、彼女のブロンドヘアと合わさり、優しい印象。パジャマも可愛かったです。
brijit1.jpg
しかしレニーゼルウィガー、結構太ってるのにカワイイですよねー><
女性って、やっぱりガリガリより少しお肉ついてる方が可愛いなあと思いました。
そして、最近コリン・ファース好きの私。やっぱりカッコいい〜〜><
こうゆう、お固いイギリス人。。。だけど実は味わい深い,みたいな役、ほんとにハマり役です。

「ありのままの君が好きだ」

これもこの映画のキーワード。
ドキドキスリリングな恋は一時的には魅力的かもしれないけど、ありのままの自分を愛してくれる大きな愛は、安心感に包まれてとっても幸せそうですよね。
「ありのまま」
いい言葉です☆
brijit2.jpg
posted by sawori at 20:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2012年01月19日

マイティ・ソー「ワクワクする神々系」

thor1.jpg

ずーっと気になってたけど、ハリーポッターを超えるワクワク度のファンタジーを未だかつて見てないので借りるの躊躇してました。
アメコミ系もあんまり見たこと無いのでどうだろうと思いましたが、おもしろかった!
こうゆう神々系の話はやっぱりワクワクしちゃいますね><

地球では神々の伝説として語り継がれてきたお話。
実際は宇宙は9つの国に別れていて、その一つが地球。で、アスガルドという国の王がその9つの国の平和を保っています。
その中のヨトゥンヘイムという国の氷の巨人達はアスガルドを滅ぼそうと目論んでいるのですが、ある日、王位を継ぐことになった血気盛んなソーは、彼らと戦おうとし、父である王の怒りにふれ、地球へ追放されてしまいます。

いいですねーワクワクしますねー。
9つの国の行き来は地球ではアインシュタインローゼンブリッジと呼ばれ,主人公のジェーンが研究しているんですが、ソー曰く、ユグドラシルで繋がっている橋らしいんですが、ワープホールのようなものかしら?ドラえもんで言うタイムマシンの中みたいな??

で、ソーと地球で恋に落ちるのがナタリーポートマン。めっちゃ可愛いです。
ソーは一応王子様なんで、手にキスとかさらっとして、ナタリーが照れる・・みたいなそうゆうシーンがなんか好きでした笑
助手のダーシー役のカット・デニングスもファッションが可愛かったです。
綺麗な顔立ちなのにメガネでニット帽。ipodを持ち歩き常にfacebookにアップしてる感が今時女子という感じ。
アンソニーホプキンスのオーディーンも威厳があって良かったし、浅野忠信もなんか寡黙な感じがカッコよかった!

脚本はアイアムレジェンドの人らしく、あの映画、わたしなぜか好きなんですよね>< 監督はケネスブラナー!何となく荘厳なイメージ。「王!!」みたいな。
そんな世界観の融合に成功した映画でした。
ただ、もうちょっと細かいディテールにこだわってほしい感が・・。
第2作も制作されるとのことですが、ちょっと期待しています☆


posted by sawori at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2012年01月18日

ローラーガールズダイアリー「ブリスのローラーガールズファッション」

image-12.jpg









母親の希望で田舎町でミスコンに参加しているブリス。たまたまショッピングにきた街でローラーゲームのチラシを見つけ興味を持ち試合を観戦したら、彼女たちのキュートでクールでパワフルな戦いに虜になってしまいます。
親に内緒で入団試験を受け合格、スタープレイヤーになって行くのですが。。。

image-13.jpg

ドリューバリモアの初監督作品!
音楽もファッションも女の子の気持ちもとってもよく描かれていました。ドリュー自身が出演していますが、すっごくいいキャラクターで、監督自身、イっちゃってる役を演じることで、俳優さんたちものれたんじゃないかな(^ ^)ジュリエットルイスもヤバイ役どころでした笑
「ジュノ」のエミーペイジも可愛かった☆
ローラーゲームでのファッションは緑のミニスカート。チアガール風。相手チームはチェックのスカートにタイとか、基本形のユニフォームがあって、個性的に着くずしたりリメイクしたりしているのがすっごく可愛い!
ミスコンにドレスで参加するドリスもめっちゃ可愛いし、大きめのロックTシャツにスカートのドリスも最高。パーティーのワンピースも可愛くて、丁寧なスタイリングはドリューのこだわりを感じます。
そして、彼氏オリヴァー役がめっちゃカッコよくて、検索したらランドンピッグというミュージシャンでした。
彼は作品中でもバンドマンで、ブリスが彼にあげたロックTシャツを他の女の子が着てる姿をブリスがツアー中のPCサイトで発見し、彼を問い詰めると「勝手に着てた」と弁解。「でも連絡くれなかった」「ツアー中はプライバシーが無くて」「私ならしたわ」という流れで結局別れてしまうことに。
なかなか若い恋愛ですねー^^; 私ならすぐ許しちゃいそうですが笑

ドリューの作品は愛が感じられました。
彼女の演技や他の俳優たちの演技、エンディングにも☆
そうゆう作品は、見終わった後キュンとなるものです。

自分の居場所を探して見つけた時、そこへ進むのはとっても勇気がいります。
でも頑張って居場所を手に入れた時、人は初めて満たされるのでしょう。
かなり可愛い映画でした☆

image-14.jpg
posted by sawori at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション