2011年12月15日

小説家を見つけたら「ショーンコネリーのハンチングに自転車」

shousetuka1.jpg

ガス・ヴァン・サント監督。
治安の悪いブロンクスに母親と二人で住むバスケ好きのジャマールは実は家にはたくさんの本が溢れる黒人の文学少年。でも、周りの友人に合わせるため、そのことは隠しています。
あるとき、ひきこもりの伝説の小説家フォスターに出会い、文を書くことへの才能が開花し始めます。
「自分のために書く文章は、人のために書く文章に勝る」
第1稿はハートで書く、それを読み返す時が至福の時だと教えるフォレスター。
有名進学校に転校できることとなり、バスケチームのスタープレーヤーにもなれ、順風満帆に見えましたが、人種差別の残る白人教師と、必要以上に差別に対し意識過敏になっているジャマール、2人の間で対立がめばえます。
頑固なフォレスターやハイスクールでの友情、家族の絆、そしていつからでも夢を持つことが出来、叶えることが出来るというのがテーマの映画です。

ジャマール役の子も素人っぽさの残るいい演技でしたが、やっぱりショーンコネリー様でしょう。
引きこもった天才小説家が、ハンチングを被ってびくびくとマンションの外に出て、自転車を乗る様は本当に可愛かった笑
ハンチングに自転車。
街に溶けこむ渋いファッションでした。
なにげにマイケル・ピットが出てて感激☆
しかも、ラストにはマットデイモンがちらっと出演。
ガス監督はイケメンとお知り合いが多いですね笑

この映画はアンバランスさが良かったです。
黒人と白人。バスケと文学。天才と凡才。ラップとハワイアン。
そう、極めつけにエンディングで流れたのはオズの魔法使いの「somewhere over the rainbow」のハワイアンカバーバージョン。これがなんか最高なんです。アンバランスをバランスにしてしまう、ガス監督のセンス。
見終わった後の気持ちよさ、前向きになる映画でした。

posted by sawori at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2011年12月13日

エレファント「ガス・ヴァン・サント監督の映像美とそれに溶けこむ自然体ファッション」

erphant1.jpg

ガス・ヴァン・サント監督の作品を全部見た訳でもないので、あんまりわかってないとは思いますが、私の見てきた作品はすべて好きです。
「エレファント」は、コロンヴァイン高校の銃乱射事件をモチーフにした映画です。
事件が発生するまで、様々な生徒達に視点を移しながら、ほんとに自分がそこの生徒になったかのように、普段通りの日常を映し出す。
しかも、見ている私にはこれから起こることがわかっている。
まるでどこかに理由を探すように、どこで歯車を変えれば良かったのか、それでも進んでいく日常。ほんとに、怖くて、でも美しい作品でした。

ところで、私は海外のハイスクールファッションが大好きです!!
日本となんでこんなに違うのでしょうか?
スウェットにジーパン。Tシャツにミニスカート。
これだけで十分可愛いのに!
ガス監督の映像美とマッチして、とっても美しくて可愛かったです。

どうして「エレファント」なのかなと思ってたんですが、5人の盲目の人が象を触って、それぞれ解釈が異なったという逸話から、一つの事象も人によって観点が異なるということを言いたかった、というエピソードが有力だとか?
と思えば、これ以上無いタイトルです。

それぞれが抱える悩みや闇。でも日常は淡々と過ぎていく。
静かな映画でしたが、叫びが聞こえるような、心に残る映画です。

erphant2.jpg
posted by sawori at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2011年12月12日

リトル・ミス・サンシャイン「黄色いワーゲンバス」

sunshine1.jpg

ロードムービーが苦手なわたし。
この映画も敬遠していましたが、えいっ!と見てみると、すごーく心があったまりました。
それは、風邪引いたときに飲むショウガ紅茶みたいに笑

「勝ち組」にこだわりハウツー本を出そうとするも失敗し無職の父。家族をまとめるのにがんばるお母さん。自殺未遂したゲイの伯父さん。ニーチェ崇拝者のしゃべらない兄。ミスコンに情熱を燃やすポッチャリ系の妹(アビゲイルちゃん最高!お尻にさわりたくなるはず笑)、いつまでもエロいおじいちゃん。
からみ合わない6人がオンボロワーゲンバスでミスコン大会出場のために旅に出るストーリー。

「勝ち組」「負け組」そんな言葉が使われだして、なんか世の中格差社会がクローズアップされている現代。
そんなものが滑稽だと笑い飛ばすような、素晴らしい脚本でした。
調べてみると今回が初脚本というマイケル・アーント。そして後に名作「トイ・ストーリー3」を書いたというので納得。

試合前日、負け組になりたくないというオリーブに対し。
「本当の負け組は、挑戦もしないでにげるやつのことだ」
と励ますエロいおじいちゃん。実は一番家族思い??笑

色弱のためパイロットになる夢を断たれ、18歳まで何もしたくないというお兄ちゃんに対して
「人生で一番有意義なのは悩み苦しむ思春期だ。その時期を何もせずに過ごすなんてもったいない。」
と諭すゲイの伯父さん。

壊れかけの黄色いワーゲンバスの旅が家族を結びつけていく。
完璧な家族では気づかずにすぎていくことが、不完全だからこそ、お互いの弱さや傷に気づいてあげられるのかもしれません。

sunshine2.jpg
posted by sawori at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2011年12月09日

世界で一番不運で幸せな私「フレンチファッションにマーチン」

sekai2.jpg
ちょっとアメリを思わせるフランス映画。
幼なじみのジュリアンとソフィア。
ジュリアンはお母さんがガンで余命わずか。
ソフィアは移民で貧乏でいじめられっこ。
そんな認めたくない現実から逃避するかのように、一つの缶を巡ってゲームが始まります。
お互いにお題を与えて
「のる、のらない?」
「のった!」
って感じでクリアできると缶は自分の物に。
それは、大人になってもエスカレートしながら続き、結婚式に乱入したり、すごいことに・・・。
実はお互い大好きなのに、ゲームなのかなんなのかわからなくなり、別々で結婚してしまいますが。

子供の頃着ていたソフィアの白い花柄ワンピースに赤いカーディガン、フレンチですねー。
大人になったジュリアンは、ソフィアをデートに誘うんですが、
「そんなプレスのきいた白いパンツに、ドクターマーチンなんてあり得ない!」
といって罵倒。笑
でも、マーチンの靴カッコよかった☆
その他、ジムモリソンやらアビーロードやらちょっと気になるワードがたくさん。音楽もすごく良かったです。

ラストは、言わない方がいいと思うので言わないんですが、後味が悪かったので、自分解釈で、騙し説を採用しました。
もともと、原題は「子供のゲーム」ってタイトルらしく、全く違う邦題でびっくりです笑 だって全然不運じゃないんじゃ?
私はハッピーエンドが好きなので、無理矢理ハッピーエンドだったと思うことにします><
見た方は、どう思ったか、感想きかせてくださいね^^;
sekai4.jpg
posted by sawori at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2011年12月08日

怪盗グルーの月泥棒「子どもたちの個性的ファッション!」

image1208-1.jpg
アニメはいつも家族で見るんですが、クセでついついファッションもチェックしてしまいます笑

怪盗グルーの月泥棒。モノを小さくしてしまうレーザーでなんと月を盗んでしまおうという。。。ほんと、ものすごい発想力!!

グルーはある科学者が発明した、モノを小さくしてしまう銃を盗み、月を小さくして盗み出す計画の為、孤児院から3人の子供を引き取ります。
優しい里親を夢見ていた子供たちは、ちょっと怖そうなおじさんにガッカリ。
グルーもまるで、ペットを扱うみたいに子供達に接します。
しかし、だんだんと絆が芽生え始める、そんなあったかいお話です。

孤児院で育った子供達、3人の女の子たちそれぞれに、個性的なファッションで可愛かった。なかでも一番上のお姉ちゃんは、真面目でしっかりもの。
その個性を象徴するかのような、プレッピースタイル。
白シャツに、ネイビーのスウェット、 チェックスカートに、カーキのジャケット。だけど、靴が赤のハイカットのコンバース!そこに、真面目だけど、なかなか大胆なお姉ちゃんの個性をうまく表現してるなーって、ちょっと脱帽でした。

最近はいろんな家族の形を描いた作品が多いです。
家政婦のミタとかもそんなかんじ?笑
そんないろんな家族の形を肯定できる自分で在りたいと思ってます☆

image1208-2.jpg
posted by sawori at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション