2011年11月18日

スイートノベンバー「サラのガールズ&ボーイズファッション」

sweet1.jpg
仕事人間のキアヌリーブスが超自由人のサラと出会い、
11月の1ヶ月を一緒に過ごすと契約。
冷たい氷のような心が、徐々にサラという太陽で溶けていき、
暖かい人間の心を取り戻していきます。
なぜ、1ヶ月だけなのか。
その答えはあまりに悲しすぎました。

サラのファッションは、とにかく自然体。
「たかが服じゃない!」
というだけあって、女子女子していません。
可愛い赤いロングワンピースを着ても、首元には毎日してる
古着っぽいショールをしたり、ボーイズライクなニットを羽織ったり、
ガールズとボーイズが絶妙にミックスしてました。
でも、なぜか色っぽいんだよなー、さすがシャーリーズ・セロン!

シャーリーズは手足の長さが半端ない。
モンスターという映画ではびっくりするくらい太ったし
なんか歯も抜いた?んだっけ?
女優魂も半端ない。
かっこいい女性です☆

sweet2.jpg
posted by sawori at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2011年11月17日

ネコのミヌース「ミヌースのグリーンなオランダファッション」

minoues1.jpg
あるとき、突然ネコから人間の女の子になってしまったミヌース。

当てもなくさまよっていた彼女に優しくしてくれた売れない新聞記者のティベのため、友人ネコ達から町の特ダネを聞き出し、ティベさんはあっという間に売れっ子記者に。
ティベが好きという気持ち、ネコの生活が懐かしい気持ち、二つの思いに揺れながら最後はどっちの道をミヌースは選ぶのでしょうか?

「私大変なのよ!人間でいなきゃいけないし、ネコでもあるし。。」
「人間でいるだけでも大変だよ?」

この会話でミヌースがティベに心許した気がします。

minoues2.jpg

パニックな彼女に、なんとも落ち着いたこの回答。
一つのものでいるだけでも大変なのに、なぜ二つのものになろうとするのか?
人間でもネコでも結局は彼女ただ一人なんですよね^^

突然人間になったミヌースは全身グリーンなファッションで登場します。
ネコなのにそのセンスに脱帽 笑
グリーンのコートに黒のハイネックセーターにグリーンのタイトスカート、
黒いタイツにヒール。かばんもグリーン。
オランダ映画ということで、何となく町並みにグリーンてよく合うなって思いました。
こんな取り入れ方、真似したいですね^^☆
posted by sawori at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2011年11月15日

ミス・ポター「1900年代の上流階級女性ファッション」

images1115-1.jpg
ピーターラビットの作者、ビアトリクス・ポターの半生を描いた映画。
大好きなピーターラビットがたくさん出てきて、可愛すぎました♪
彼女の描く動物たちはなんであんなに愛らしいんでしょうか?

上流階級のお嬢様ビアトリクスは、動物が大好きで、お話を考えるのも絵を描くのも大好き。
その出版を手がけてくれたのが、今回が出版初!という素人編集のノーマン。
純粋で不器用な二人が、あきらめていた「恋」に落ちるのですが。。。
いろんな苦難がベアトリクスを待ち構えていました。

ファッションはフリルたっぷりのブラウスにロングのスカート、ウールや麦わらの小さめのハット。リボンやフリルがたっぷりの上流階級ファッションですが、ビアトリクスは質素なので、ちょうどいいバランスで、牧歌的なイギリスの田舎風景にも映えて、とっても綺麗でした☆

おとぎの部屋みたいなベアトリクスのインテリアセンスも見逃せません。

レニーゼルウィガーとユアンマクレガーという見ること多いコンビですが、とってもお似合いですよね。

ただ、ユアンマクレガーは坊主頭が一番似合うと思うのは私だけでしょうか?笑

ピーターラビットの絵本を集めたくなる映画です☆

images1115-2.jpg
posted by sawori at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2011年11月11日

おとなり「七緒の花屋さんファッション」

image1111-1.jpg
久しぶりに邦画をみました^^

30代の花屋さん麻生久美子と同じく30代の写真家岡田君。
おとなり同士の二人はお互いの顔を知らないまま、生活音でなんとなく好きになってしまいます。
そして、意外な事実が判明し・・・

麻生久美子は大好きな女優さんで、あんな雰囲気の女性になりたいと、いつも思ってしまいます・・

この映画では花屋さんということもあり、動きやすいジーパンが主流で、トップスはシンプルなニットだったり、パーカーだったり。

でも仕事に向かう時の紺のコートに白いニット帽、自転車、この組み合わせが最高に可愛かったです。真似しやすいですしね☆

仕事中はエプロンにマフラーで髪はおだんごでした^^

仕事も恋も何んとなく節目を迎えた二人が、いろいろ迷いながら悩みながら、運命に引っ張られていく感じがとってもよかった☆


image1111-2jpeg.jpg
posted by sawori at 11:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画ファッション

2011年11月09日

ペネロピ「ワンピースにボーダーロンT」

image1109-1.jpg
呪いで豚の鼻で生まれたペネロピ。呪いを解けるのは真実の愛。

クリスティーナリッチ、やっぱり暗い髪の方が似合う!
ジェームズマカヴォイもかっこよかった!

二回目ですが、ファッションチェック、前よりも気合い入りました(^。^)
柄ワンピースにボーダーロンTを合わせてしまうあたり、上級者しかできないでしょ…
あったかくて、隅々まで丁寧で愛のこもった衣装に感じました。
衣装のジルテイラーが、刺繍したりして、ペネロピの創造的で少女らしさを表現してますよね(^ ^)
さっそく、まねまねです!

自分が自分らしくあり、それを周囲も認めてくれる、それが一番人間にとって必要なんだと思います。

リースウィザースプーン、キューティーブロンドのイメージ強いんですが、いい映画製作しましたね☆

image1109-2.jpg
posted by sawori at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ファッション