2011年07月13日

ハリーポッター「イギリススクールファッション」

image0713-1.jpg
ハリーポッターは思い入れのある作品です。ファンタジーなのに、主人公が現代的。魔法使いなのに悩みが共感できたり。
名言を少し紹介しましょう。

両親を亡くしたハリーがみぞの鏡ばかり除いて両親と会い現実逃避してるときのダンブルドアのお言葉。
「夢に耽って現実に生きるのを忘れてはいけない」

悪に染まるのではないかと自分が恐くなるハリーにシリウスのお言葉。
「人は誰しも光と闇を心の中に持っている。大事なのはどちらの道を選ぶかだ」

当時悩んでいた私は、子ども向け映画であるハリーポッターのわかりやすい言葉で語られた教訓がすごく心に響いたものです(T ^ T)
ついに完結編が公開されますが、原作のラストは素晴らしいので期待大ですね!

さて、イギリスを舞台にしたハリーポッターのファッションはどこまでも英国的。
ストライプのお揃いのマフラーやベーシックな紺のセーター、チノパン。うーん、ラルフローレン的!!最近のシリーズでは、GAPを思わせる普段着ですね。
学生の着飾らないシンプルでベーシックなカジュアルはやっぱり普遍なものがあります。
その分素材が問われるので、自分磨きをがんばるぞ!(>_<)


image0713-2.jpg












posted by sawori at 22:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | 映画ファッション