2011年04月26日

あの頃ペニーレインと 「ペニーの70年代ROCKファッション」

image0426-2.jpg音楽好きな私にとっては何とも胸の痛くなるような映画です。
ペニーはROCKが大好きなグルーピーのリーダー的な存在。
アーティストに憧れてすぐに寝てしまう、彼女たちにとっては現実なんて、退屈なものにしか感じられないのです。
でも、なんて軽い女の子!なんて思いながらも、そんな一面自分にもあるんじゃないかな?って肯定しちゃったりもします。
そんなペニーの前に、ROCK好きライター志望の少年が現れます。彼は純粋で真っ直ぐな目をしている優しい少年アーティストとの非現実な世界は華やかだけど、虚実が渦巻いてる。疲れきったペニーを現実と向き合わせるウィリアムは年下だけど、ほんとに目が優しくて器の大きさを感じました。
やはり、男は器です!優しさという器。
さて、70年代ということもあって時代はちょっとヒッピーテイストなファッション。でもペニーはそれをタイトに着こなしてます。フォークロアなトップスにショートパンツ、レースのチューブトップ風キャミソール、シースルーのブラウスなどなど。肌の露出はかなりなはずなのになぜかやらしくなくて、品さえ感じられる。
有名人と遊びまくってるはずなのに、汚れない雰囲気を出せるケイトハドソンはさすがです!
あと、この映画の魅力は何と言っても音楽!
サイモン&ガーファンクルやThe Whoやイギーポップの使いどころが絶妙なんです。
結局、有名人と普通の人の差ってなんでしょ?
人と人とはどんなにライフスタイルに違いがあっても平等感が大切で、じゃないと本当の人間関係なんて築け無いんじゃないかなって思います。
最後はみんなが等身大の自分に戻って、なんだか嵐が過ぎて清々しく晴れたような後味の映画でした。黒ハート




posted by sawori at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画ファッション